与謝野晶子のふるさと

与謝野晶子について

1878年(明治11)12月7日当時の堺県甲斐町で和菓子商駿河屋を営む鳳宗七の三女として生まれました(本名:志よう)。幼い頃から「源氏物語」などの古典に親しみ、17歳頃から歌を詠み始め1901年(明治34)与謝野鉄幹のもとに上京するまで、青春時代を堺のまちで過ごしました。

与謝野晶子みだれがみ-02

PAGE TOP ↑